無農薬さつまいもを炊飯器で美味しく作る方法

無農薬さつまいも

先日、無農薬で栽培しているというさつまいもをおすそ分けしてもらいました。
色も鮮やかで綺麗な出来栄え!有機野菜はやっぱりいいですね♪

さつまいも

どっしり、大粒のさつまいもでした。
せっかくなので石焼き芋(ふかしイモ)にして頂くことにしました!

有機栽培さつまいも

我が家の子供も大興奮。
早く食べたくて仕方がないようです。

焼き芋を炊飯器でつくろう

焼き芋はじっくり低温でジワジワ蒸すのが良いのだそうです。
この調理方法だとさつまいもの甘さが最大限に引き出されるのです。
石焼き芋も、焼石の中に入れてジワジワ焼きますものね。
でも石焼にはできませんので一般家庭では蒸して作ると思います。
しかし蒸し器を使わずとも、炊飯器で簡単に作れますよ!

炊飯器に入れてひたひた程度に水を入れる

洗ったサツマイモを、炊飯器に入れて
水を100ccぐらい入れてヒタヒタになるぐらいにして、
炊飯ボタンを押すだけでOK。それだけで甘~い焼き芋が
作れてしまいます♪ もし炊飯器に入らないほどのサイズなら
カットして入れても大丈夫です。

有機栽培の焼き芋

出来上がりがコチラ!
フワッフワで蜜が詰まっている感じの仕上がりです。
この焼き芋は紙コップの中に入れるととっても便利なんです。

紙コップに入れると熱々でも持ちやすく皮をむきやすい

アルミホイルだと熱伝導が早いのでとっても熱いですし
かといって新聞紙は汚くて巻きたくないですよね。
で、ちょうどいいのが紙コップなんです。
剥いた皮をそのままコップの中に沈殿させることができるし
この分厚さがあれば熱くないんです。

紙コップ入り焼き芋

このように、ぐっと力を入れて下の方を持つと
快適に食べることができます。ぜひお試しくださいね♪

ご意見投稿お待ちしています!!