高級食材の偽装問題を解決していく方法

高級食材

どんどん明るみになる高級食材の偽造問題について

最近、高級食材の偽装表示が目立っていますね。
有名ホテルがそのような行為に走っているということは、
他のお店でも当たり前のように行われているのでは…と
ついつい考えてしまいます。たまに食べる高級食材だと
何が正解なのか判断がつきにくいという盲点を付いた
巧妙な偽装です。見た目や味だけで産地の違いを当てる
ことは一般的には大変困難です。特にお米は淡白な味
であるから、味付けされていると余計わからないですよね。

外部機関の調査や内部告発を応援

ではどう取り締まればいいのか、ということですが、
やはり外部の調査機関で過去の仕入れルートや
メニューの表示をチェックしてもらう方法と、
勇気ある内部告発の声をしっかり受け止める場所を
用意することが求められますね。しっかりした大手
であれば、自主的に調査を行い不正を自ら
報告するところもあるかもしれませんが、外部機関
の調査はやはり大事だと思います。

偽造メニューにおけるペナルティを明確化

高級食材における偽装だけでなく、イオンの国産米
表示偽造のようなケースでも、しっかりとペナルティを
課せるような体制も必要ですね。市民の声で評価に
左右されることはあると思いますが、一般市民が
訴訟までもっていくケースは少ないと思います。
一部のホテルでは返金すると申し出ておられますが
それを利用してしまう未利用客もいると思いますので
なかなか難しいものです。

 

ご意見投稿お待ちしています!!