高級食材

高級食材

高級食材

このページは「有機野菜を美味しく食べる方法 」の情報コンテンツです。
高級食材 > 有機野菜を美味しく食べる方法

豆知識

有機野菜を美味しく食べる方法

野菜が苦手な子供でも工夫次第で美味しく食べられる方法は山ほどあるものです。 ここではそんな有機野菜を美味しく食べるレシピについて説明しますね。

家庭菜園で無農薬野菜

有機野菜の料理

我が家では家庭菜園で無農薬野菜を作っています。 お店で買う野菜は残留農薬が気になり、少しでも子供に安心な野菜を食べさせたいと始めたのがきっかけです。 自分達で作ってみて、一番美味しいと感じたのは、意外なことに子供が大嫌いでどうしても食べられなかったピーマンです。 肉厚で苦味も少なく、パリッとした歯ざわりがする、自家製ピーマン、これを天ぷらにすると、子供たちは、競って「美味しい、美味しい」と、平らげてしまいます。 スーパーで袋詰めされた状態になったものを見るよりも、お日様の光を浴び、汗を流して畑を自分たちで耕すところから初め、成長を見守り、収穫をして食卓に運ぶと、感動もひとしおです。 そんな色とりどりの新鮮な野菜で作ったお料理をテーブルに並べて、栽培の苦労や面白かった話などをお喋りしながら戴くのは、最高のご馳走です。 最近は、みんなで食事をするために、主人がDIYで、庭にテーブルや椅子を用意しました。最近は通りがかりのご近所さんに手招きして、飛び入り参加でランチを楽しんでもらったりしています。
(KKさん)

ドレッシングをかけて野菜を美味しく

無農薬野菜

私は、子供の頃は野菜が嫌いでした。 お肉系のおかずを良く食べる方が好きだった記憶があります。 大人になっていつのまにか野菜が好きになってきています。 味の好みって変わってくるものだと感じています。 特に野菜の必要性を大人になって感じています。 野菜を食べることにより健康にも近づけると考えています。 野菜を生で食べても、茹でても、炒めてもおいしいです。 特に、冬になると鍋に野菜などを入れていくらでも食べれます。 野菜ジュースなどもおいしいです。 大人になった今は、なぜあの頃苦手だったのかもよくわからないです。 野菜が苦手だと言う方は、ドレッシングやマヨネーズといったものをかけた方が食べやすいかもしれないです。 子供も野菜があまり好きではないのでドレッシングをかけて食べさすようにしています。 しかし私も小さい頃野菜が嫌いだったので大きくなってから味の好みが変わってくれて野菜を多く摂取するようになってくれればよいなという願いがあります。 私もあまり食べなかったので大きな口で子供に説教をできるものではないです。 私も料理が苦手な方なのでどうしたら美味しいものを作ってあげて 野菜のおかずを食べてくれるかを摸索しています。 ある料理人が子供が野菜を食べないのは親の料理の仕方が悪いと言うようなことを言っていた気がします。 まさしくその通りだと私も思ってしまいました。 本来の野菜の甘みを生かした食べ方をしても良いと思います。

豚肉を加えた野菜炒め

我が家では野菜を使った料理をよく出します。私が一番好きな野菜料理は、簡単ですが豚肉を加えた野菜炒めです。冷蔵庫にあるいろいろな野菜を使えるので便利ですし、ボリュームもあってご飯もすすみます。味付けを変えたりバリエーションをつけられるのもいいところです。 今では野菜をよく食べる私ですが、小さいころは野菜が大の苦手でした。特に生野菜サラダはどうしても食べられず、給食ではいつも苦しい思いをしていました。 そんな私がキライな生野菜を食べられるようになったきっかけは、ドレッシングです。野菜は味がないので苦手だったのですが、大人になってからいろいろなドレッシングがあるということを知り、試したところ、野菜がおいしく感じられるようになったのです。 外食でいろいろなサラダを食べてみたり、ドレッシングをかけて家でも食べるようになったことで野菜に対する抵抗感がなくなり、今では野菜が好きになりました。 野菜は体にいいと思いますので、これからもどんどん摂っていきたいです。

ちなみに無農薬野菜は安心、安全というイメージがありますので、危険だと思ったことはありません。農薬を使っていない野菜は、病原菌や害虫に遭うと抵抗物質を出すので危険だという話は聞いたことがありますが、それは植物の自然の姿だと思うので、そういう野菜を食べるというのは自然なことで危険ではないと思っています。 (こちらの無農薬野菜は危険のページも参考になります)

高級食材 激安通販